these days


 写真のことで忙しいというのはうれしい。まだそれが収入に繋がっていなくても、その辺のこともなんとなくうまく回っていくような気がする。そんな気分でいられるのも、やっぱり好きなことをやれている充実感からだろう。
 とりあえず今はあっという間に半月後に迫ってきた名古屋での展示へ向けた制作を。できるだけアトリエへ行き、暗室でプリントをしたりzineを作ったりする日々。そんな日々の中で大事な、コーヒーと、ネムとの時間。そして新たに絡めそうなイベントへの誘いがあったり、これから何か一緒にやっていけそうな友人ができたり(彼はポルトガル人で、より一層楽しい)、いいイメージが膨らむ。
 そして、周りによき理解者がいてくれていることを改めて思い知る。自分のことは自分で頑張っているつもりでいても、案外、というかまだまだかなり甘えている。けれど、理由はないけどうまく進んでいくと思う。そうなると思うし、そうなると信じてもらいたいと思う。ひとまず、三月の後半は思い切りスイッチをオンに。今回の展示、そしてそれに向けて作っているzineは自分でも出来上がるのが楽しみだ。観てほしい人たちの目にはちゃんと届くことを願う。
 自分の中のことなのか、自分の周りのことなのか、すこしずつ何かうまく動き始めている感じは確かにあって、その波には丁寧に乗っていきたいというところ。