FOOD NOT BOMBS


 昨夜ベッドに横になったときに、確かになんとなく予感はしていた。今朝もベッドに埋まった状態で目覚めた。穴をうまく塞げてなかったのか、他にも穴があるのか。穴を見つけることはせずに家を出て、今はコーヒーを飲んでいる。手帳を見て日本に帰ってからの予定(どのタイミングで愛知に帰ろうかとか)をすこし考えたら、ゆっくりワクワク感が高まってきた。そして今さっきから店内ではNina Simoneが流れはじめ、気持ちが高まったり落ち着いたりする時間。iTunesか何かでシャッフルで流しているのだろうか、次の曲はまた別のアーティストになってしまってすこし残念。
 愛知に家具職人の駒田尚人(なおちゃん)という友人がいて、彼は数年前にポートランドの友人宅の内装を作りに来ていたことがある。彼は前回、前々回の展覧会の時に額縁を作ってくれた人だ。そのなおちゃんの友人、エミさんと昨日会うことができた。エミさんは携帯電話を持たないので、なおちゃんが教えてくれた住所を訪ねて行った。けど教えられていた番号の家は見つからず、近所の人に尋ねたらエミさんと仲良しの友人Johnと連絡を取ってくれ、その近くにちょうど居たそのJohnとまずは合流した。エミさんが今暮らす家も近かったが外出中で、「きっとその辺でランチを食べてるはずだよ」と言うジョンに着いて近所の店を覗きながら歩いて行ったら三軒目くらいで見つけることができた。探して来ておいて何もエミさんの情報を知らないという変な状況だったが、エミさんもまたフレンドリーで、数分後には今週末に泊めてもらえることになった。今週末、マリーとマイクはニューヨークへ旅行に行くので、どこに泊まろうか考えていたところだったのだ。その後すこし一緒に散歩してお茶して、とりあえず今晩また会うことになった。詳しいことは何も分かっていないのだけど、FOOD NOT BOMBSという団体の集まりが今晩あるというのでそこで合流することに。そういえばFOOD NOT BOMBSというステッカーを貼った車をこの旅行中に何度も目にした。エミさんはきっとベジタリアンで、食や環境のことにすごく気を付けている人のようだ。
 そんなことで昨日はダウンタウン方面へ行くにはもう遅い時間になり、けど家に帰るには早いと言うか晴れているのにもったいない気がして、川沿いまで歩いてから帰った。今日は昨日以上にいい天気だ。なんだか思っていたよりも雨の日は少なく、確かに寒いがそれも思っていたほどではなく、歩いていてきもちがいい日が意外と多い。冷えた空気の中を歩くのはいい。身体があったまってくるのがじわじわ感じられ、白い息を吐き出して冬を楽しんでいる気分、を楽しむ感じ。
 我が家の小鳥ネムはこの二か月半のうちにくちばしの色が変わった。上が以前、下が最近の写真。あと一週間ちょっとで会える。


2012.11.26 Mon. noon wrote.