ひとつのピリオド

1月17日土曜日
 今日は夕方18時頃から、明日は時間は未定ですがやっぱりきっと夕方ごろから、写真展会場のLOCALに行く予定です。明日18日日曜日が最終日ですので、是非お越しください。
----------------------------------------------

 これから先の心躍る出来事への胸の高鳴りと、ため息とを繰り返す。前者が輝いている時間帯は、なんとすばらしい生活が待っているんだというような気持ち。そして、その数時間後には頭を抱えている。そんな風に気分で簡単にふらふらしてしまう情けなさにため息をつき、また翌日には期待感に胸を膨らませている。もう一歩踏み出せばきっと歯車が合い、それぞれが動き始めると信じる。
 去年の末から森山大道さんの写真やエッセイを読んでいる。それまでなんとなく避けていた感があったけれど、ちょっとしたきっかけから頭の隅にその名前が引っ掛かっていて、本屋でたまたま見掛けたエッセイを買った。そしてぼくはもう今スッカリ森山大道さんの虜になりはじめている。それがぼくの写真に影響を与えるのかどうかわからないが、とにかく思うのは、もっと街を歩かなければということで、ぼくの中でひとつのピリオドを打つ気持ちになっている。この先の道は険しいかもなあなんて思いながら。